忍者ブログ

ナルヴィアのきわどい日々

やっぱりちょっとオレには難しすぎる!? ベルウィックサーガをやっと1回クリアしたダメゲーマーの日記

2017.11.21
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006.09.19
■父と子■
酒場でルヴィが男と向き合っている。
男はデートの相手にしては齢を取り過ぎている。口ヒゲをたくわえている。
ルヴィは豪奢なブロンドだが、男もまた金髪である。そう、2人は親子だ。
騎士である父は自分の娘を騎士とは認めない。甲冑など付けず家で女性らしくしていて欲しい。そしてルヴィは、そんな言葉を聞けば聞くほど、心の中で一層強く騎士として理想の自分の姿を追い求めてしまう。それが他ならぬ父の言葉だから。
何故ルヴィは父と同じ道を選んだのか。何故父は、彼女の母親の死後、こうも酒場に入り浸る日が多くなったのか。
騎士を辞めないと言い張る娘の顔に、父は思わず手を上げてしまった。憮然として立ち去るルヴィ。父クリフォードとの間に、やがて和解の日は来るのか。

■汚名■
広場の噴水。その前で複数の子供達に囲まれ、からまれている男の子がいる。
ここはナルヴィア。同盟国だ。帝国領から戻らなくなって久しいその子の父親も、出征前はその子にとって誰よりも誇らしいナルヴィアの軍人だった。
他の子供達のなじり声が大きくなり、男の子も言い返す言葉に詰まってきた頃、そこにアーサーはやってきた。散り散りに逃げる子供達。
目に悔し涙を浮かべている弟マークに、アーサーは今起きていたことを尋ねる。が、逆に火のついたような勢いで父親の消息を問い詰められてしまう。

ルヴィとアーサーのイベントです。なんか笑いとれなかったorz
PR
2006.11.19
道でからまれていた酒臭い騎士。
ウォードが酒場へと運び込んだその男、クリフォードとは、
元は王国でも十指に入る腕前の騎士だった、と酒場の主人アルフレッドは言う。
シラフの時は傭兵のようなこともやっているそうだ。
初対面の印象なんかより、今度その腕前を見てみようよ隊長。
装備とかさ(笑)
2006.12.30
■陽気な司祭■
ティアンナになれなれしく軽口をたたく司祭オルウェン
人を不快にさせないさわやかさも持ち合わせているようだ。
レンデルの話では高僧の紹介でナルヴィアに来ているそうだが、
どうやらその力を同盟軍に貸したいらしい。
20ターンで離脱しないと人を襲うってどんな特異体質よ?
でも…はいはい。きっと事情があるんだね。
ターン制限のあるマップには連れて行ってあげようね。
って20ターン越えるとホントにどーなるワケ?
恐る恐る見てみたい気もするなぁ…。

※「陽気な司祭」は「撤退援護」任務前に挿入されている。

■騎士の嘆き■(ダウド加入イベント)
ダウドが世話を焼いていた少年、リドランはミューヘン城からの敗走中に深手を負い、
シスターの必死の介護もむなしくこの世を去ってしまった。
やり場のない感情をついシスターへと向けてしまうダウド。

そこへウォードが現れ、ダウドを騎士団へと誘う。
「…それに公子はリドランと同じ年頃と聞いている」
↑問題となった発言です(笑

■少女と仔馬2■
馬屋の息子エノクが舌を巻くほど、馬の扱いに慣れているセネ。
不思議そうなエノクに、セネは自分がタニアという遊牧民族の出である事実を告げる。
さらに彼女は自分が昔死なせてしまった仔馬のことを語り、泣き出してしまう。

その仔馬の名前はティコ
セネは先日連れ帰った仔馬が、そのティコに生き写しなのだと言う。
2006.12.30
■裏切り者■
情報収集をするために酒場の手伝いを始めたロゼリー。
アイギナはそんな彼女の様子を見ようと酒場にやってきた。
店にはシェルパも来ている。
やがて何者かがシェルパにからみだした。何の抵抗も示さないシェルパを見て、
アイギナは思わず止めに入ってしまうが…
アイギナを想うロゼリーの勇ましくも微笑ましい一面が見られたイベント。

■イズミルの剣士■
フェイは以前からファラミアの剣裁きが自分の流儀に似ていることが気になっていた。
偶然酒場に居合わせたファラミアに尋ねてみると、ファラミアはやはり自分と同郷である
イズミルの剣士だった。

思わずフェイは自分の目的、カオスからの神剣奪回をファラミアに話す。
するとファラミアは、急にそれまでとは態度を変え、フェイに神剣を取り戻すことを
諦めるよう諭しだす。

■募集!ラーズ神官■
エルスハイマーにヘルウォームを渡した数日後、ウォードは酒場で
「ラーズ神官募集」の噂を聞く。
ギルドに貼り紙をして募集をかけているのは、どうもエルスハイマーらしい。
慌ててエルスハイマーをとっちめに行くウォード。
コレクション達成のためウォードにすがるしかないエルスハイマーは、
もちろんすぐに貼り紙を外させるのだった。

※ヘルウォームをエルスハイマーに渡したときにのみ発生。
2007.01.09
エルスハイマーの館。
いつものようにウォードが戦利品のコレクターアイテムを 持っていくと、
感極まったエルスハイマーは突然、ウォードに秘蔵の品を見せたいと言い出す。

出会って以来、終始彼のペースに引き込まれてしまうウォード。
エルスハイマーの秘蔵コレクション「ヴェリア像」の感想を求められるが、
 早く帰りたい一心から適当に口に出してしまった言葉は、一層エルスハイマーの心を
くすぐり、結局墓穴を掘ってしまうのだった。

※コレクターアイテムを6個達成時に起こるイベント。
彼には勝てませんな、たいちょ。
2007.01.11
■賞金稼ぎ■
傭兵ギルドで、リースはシルウィスに声をかけられる。
リースは早速、先のアリューザ砦での戦いにおけるシルウィスの功績を称えた。
ティアンナはシルウィスとは初対面だったが「アポロネアのシルウィス」と異名を持つ、
美しい賞金稼ぎの噂は聞いていた。
当のシルウィスは、過分に尾ひれのついたその噂を否定しながらも、 この時決して
悪い気はしていなかったのだろう。ついつい調子に乗り、自分のように武器を持って
戦うことのないナルヴィアの女性を蔑むような発言をしてしまう。

すかさずリースにたしなめられ、失言を素直に認めるシルウィス。
十代の若者の口から出る、成熟した言葉に目を見張るティアンナ。

ティアンナの問いにシルウィスは答え、自分がここナルヴィアに滞在する理由を
2人に明かす。それは、シルウィスが3年間追い続けているという海賊ヴァイスとの
決着をつけることだった。

■少女と仔馬3■
ここのところ食欲のない仔馬を気遣うエノク。
今日も仔馬は、エノクが特別に用意した餌さえ食べようとしない。
そこへセネがやってくると、何故かとたんに餌を食べ始める仔馬。
どうやら食欲のない原因は、最近セネが仔馬の前に姿を見せなかったことに
あるらしかった。

気性の難しいこの仔馬に、いつしかセネはナルヴィアへやってきた頃の
孤独な自分の姿を重ねていた。
だが仔馬を世話し、いつもセネをさりげなく元気づけてくれる若者エノクの存在は、
ゆっくりとだが確実にセネの寂しさを取り除いているようだ。
2007.01.21
■マリーベル?■
川蝉亭。マリーベルが食事中のイストバルに、いつになく険しい言葉を投げかける。

あんた金もないのに飯ばっか食ってんじゃないわよこの怠け者ちょっと聞いてんのイストバルあんたに言ってんのよまったく仕事もしないでガツガツ飯ばっかよく食えるねその細い身体のいったいどこに入るってんだい相変わらず目つき悪い子だよ少しは妹のアリーナを見習ったらどうだいあんたに比べたらまるで馬車馬並みに働いてるよ?あらウォード隊長こんな飯ばっか食ってるヤツでも何か役に立つことでもあれば少し仕事をまわしてやってくださいなほんとにこの子ったらいい歳して飯ばっか食ってますけど仕事だったらどんなことでもさせて構いませんから飯ばっか食ってるよりずっとマシですからね言い過ぎですって?いいんですよこうまで言わないとこの子ったら一日中でもこうして、
飯ばっか食ってるんですから…

※このイベントは6章任務前に挿入されている。

■バスカニオン■
レブロンの街を脱出後、イストバルは本隊からはぐれてしまった。
森の中で呼吸を整えていると、帝国騎士らしき女性に背後から投降を迫られた。
弓の狙いが自分につけられているのを気配で感じていたが、イストバルは振り向きざま
騎士に襲いかかろうとした。
あるいはウォードは、イストバルのそんな蛮勇な部分を心配しているのかも知れない。
帝国騎士の放った矢はイストバルの肩を貫き、その激痛に彼は意識を失った。

うわ言で何度も呼ばれるアリーナという名前。それを聞いたソフィーは、
なぜか自分が弓を射った相手に応急手当を施し、その場を立ち去る。

ほどなくして帝国のハルス家では、開発中の弓「バスカニオン」の実戦報告をした後、
捕虜を取り逃がした件で叱責を受けるソフィーの姿があった。

※このイベントは6章任務「前線の街」終了時に挿入されている。
2007.01.22
■ペルスヴェル■
傭兵ギルド。
レブロンで共に戦ってくれた魔道士ペルスヴェルの姿を見つけ、
リースは声をかけた。

しばらくはナルヴィアで傭兵を続けるというペルスヴェル。
この地に留まる理由は他にもあった。
幼い頃、それも戦火の中で生き別れた、実の姉を彼は探していた。

尤もペルスヴェルは逃亡時のショックから、姉の名はおろか
自分の本当の名前すら思い出せないのだと言う。
彼が、唯一の手がかりとして持ち歩いている木彫りの像を取り出すと
ウォードは駆け寄り早速、像の目利きを始めた。
(隊長…まさか…エルスハイマー化が進んでいるんじゃ…)

それは、ペルスヴェルが姉からお守りとして持たされたという、
見事なパラスレイアの乙女像だった。


■見つめる瞳■(エニード入団イベント)
病を抱えながらも無事にナルヴィアへと引き上げてきたカテリーナ伯爵夫人。
どうやらその病も快方に向かっているようだった。

修道院。その母を見舞ったエニードはリース、ウォードとそこで鉢合わせした。
気にしていた自身の騎士団入りを確認し、リースの快諾に気をよくしたエニード。
上気しながらその覚悟を語るが、途中「騎士の卵」という言葉に破顔するリース。
女だてらに騎士を志す自分が笑われた、と勘違いするエニードだったが…

騎士の卵。同じ言葉をリースは以前、妹のリネットからも聞いたことがあった。
たった1年余だが、兄妹として過ごしたリネットとの時間。
エニードとの会話はリースの心の中で、今ではリネットにすまないと思っている
ある記憶へとつながっていった。

※このイベントを見るまでエニードは出撃メンバーに入らない。
2007.01.22
■悪友は滅びず■
アレックスの酒場。
アデルとレオンが杯を並べている。
職人工房のルミエールを見初めたアデルに「部屋の鍵」作戦を伝授したのは、
実はレオンだった。
「死闘」のレオンと「待ち伏せ」のアデル。
自分とは異なるスタイルで戦うレオンが考えた作戦で、アデルが轟沈したのは
むしろ当然というべきなのかも知れない。
勧められるままに酒をあおり、やがて酔いつぶれるアデル。
横で大笑いしているレオンは、堅物のアデルが恋をしたことが心底嬉しいだけなのだ。

傍目にはかくもおかしな2人の関係。
カウンター越しに眺めているアレックスには、到底理解できるハズもない…。


■負傷兵■
シノン騎士団がレブロン市で捕縛した若い兵士。
その後は、修道院でシスタールチアナの手厚い看護を受けていた。

ベッドの傍らに佇むダウド。
傷ついた身体をそこに横たえているのは、彼の息子ユリアンだった。
ルチアナに礼を言うダウドの声も、いつになく殊勝に響く。
幸いユリアンの回復は、そのルチアナも保証してくれている。

戦争はまだ続いている。
しかしダウドにとっての心の安息は、一時そこに訪れた。
2007.01.22
■戸締り注意■
ある日ウォードがエルスハイマー邸を訪れると、小間使いのクララしかいない。
見回せば屋敷の中はバカにさっぱりとしている。自慢の品々は一体どうしたというのだ。
クララに事情を聞くと、どうやら最近空き巣に入られたらしい。
エルスハイマーはさぞや無念な想いでいることだろうと心配するウォードだったが、
すでに立ち直り、コレクションを取り戻そうとあらゆる手段を講じ、あちこち必死に
奔走しているという。

今回ばかりは、コレクターであるエルスハイマーという男に、
いたく関心するウォードだった。

※コレクターアイテムを10個達成時に起こるイベント。
 HOME : Next 
A questionnaire

Q.チョ ト イイデスカァ?
「あなたはベルウィックサーガを
何周プレイしましたか?」

ほとんどライフワーク。
        いちいち数えちゃいない。
7周以上。
5・6周はしたかな?
4周。
3周で飽きたorまだまだ!
2周もやりゃあ充分っしょ!
とりあえず1周。
いま1周目。なんとかクリアできそう。
いま1周目。ダメだくじけそう。
やってられっか。クリアせず売った。


-結果を見てみる-

by pentacom.jp

Categories






*************************

*************************
Comments
[09/04 ねこにん]
[06/12 NONAME]
[05/29 ねこにん]
[05/21 ねこにん]
[05/14 ねこにん]
BBS&Mail
Calendar
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Search This Site
for Mobile

ナルヴィアのきわどい日々 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  
Tree Script by ニンブロラボ. / Newmark Script by FCafe / Folding Script by ABCK
Material by A TRIAL PRODUCT'S M.P. / @ WEB online 素材集


忍者ブログ[PR]